6回目の合奏の様子

6回目の合奏

今回の練習はラフマニノフ ピアノ 協奏曲2番と、ブラームス 交響曲4番の第2楽章、第3楽章でした。

6回目の合奏の様子
6回目の合奏の様子

一通り通しで練習したので、今回も少しずつ、細かい部分をについて練習していきました。

前回、後回しだったピアノ協奏曲の第2楽章から練習を始めました。4/4拍子と3/2拍子(前者4つ振り、後者6つ振りです。)の頻繁な入れ替わりに注意しつつ、cresc.dim.のタイミングについて調整を行いました。

アクセントの位置と言い、変拍子と言い、調と言い、なんという複雑な構成でしょう。

ブラームス 交響曲4番 第3楽章は、音の縦の揃えに気をつけることと、40小節付近にある16分音符 + 8分音符に付いているスタッカートはアクセントと解釈して演奏することを勉強しました。

年内の練習もあと3回です。頑張ってまいりましょう。

それでは。Have a happy Halloween!