9回目の合奏練習

9回目の合奏

定期演奏会までの練習も折り返し地点を通過しました。今回の練習は、ブラームス交響曲4番、ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番について抑揚のつけ方を中心に練習しました。

9回目の合奏練習
9回目の合奏練習

ピアノ協奏曲2番1楽章頭のcon passione.は、広大な海をイメージしてcresc.decresc.で大きな波を作っていきました。みんな安全地帯に逃げ込まず、休符の間を正確にとって、入るところはパーンと入れるよう練習しました。

261小節目からのMeno mosso.は「独りとり残され、去ってゆく船をずっと眺め続けている」感じを出して弾きます。

3楽章310小節目のModerato.は、重くゆっくりになりすぎず、テンポが進むのを我慢する程度にします。

その他、交響曲4番では管・弦とも音の立ち上がり、重み、掛け合い部などを調整しました。

今年も残すところ、あと少しとなりました。

素敵な年末をお過ごしください。それでは。