10回目の合奏練習

10回目の合奏

改めまして、新年明けましておめでとうございます。2016年に入り、定期演奏会まで5ヶ月となりました。

ラフマニノフピアノ協奏曲2番はソリストを迎えての合奏練習まであと2回となります。ここでブラームス交響曲4番はちょっと置いておいて、先にtutti.から練習していきます。

10回目の合奏練習
10回目の合奏練習

第1楽章、各パートでフレーズの出だしと終わりを揃え、山(cresc.〜decresc.)が滑らかになるよう練習しました。また、ゆっくりでもdim.の中でも鼓動はちゃんと続き、流れが死んでしまわないよう注意し練習しました。

第2楽章の頭は広い空間に響く音をイメージして、2分音符は音を十分に保って、均等に。13小節目〜の3/2、4/4拍子の部分は山が二つあることを意識して一つの流れを作ります。

第3楽章第2主題のModerato.部、自分のソルフェージュ頼りで合わせられるように。また、426小節目のPresto.とスムーズに繋がるよう16小節前から気をつけて準備していきます。

ソリストと合わせた時、どのように出ても柔軟に対応できるよう準備していきましょう!