月別アーカイブ: 2018年7月

Johannes Brahms

第23回定期演奏会のメインが決定しました

去年から今年にかけては中の人の怠惰で更新が随分滞ってしまったので、今季からはもう少し更新の頻度をあげていこうと思います。。。

さて、第22回定期演奏会にご来場くださった皆様はパンフレットを通じて既にご存知かと思いますが、今期、第23回定期演奏会のメインプログラムが決定しております。

ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 作品68

いうまでもなく、数々のプロオーケストラやアマチュアオーケストラにとって演奏されているこの名曲を、メインプログラムに据えて、演奏会本番に向けて再び動き始めます。

よく、ブラームスの4つの交響曲の中で(弾き手から見た)難易度はどれが高いのか、などという話をよく耳にします。諸説ありますが、メジャーな見方としては

交響曲第3番 > 交響曲第4番 > 交響曲第1番 > 交響曲第2番

という順番らしいです。だがしかし、あくまでも単純に見方に過ぎず、決して侮ってはいけません。なんせブラームスが苦節20年、悩みに悩み、練りに練って仕上げた重厚な交響曲なのですから。第4楽章は主題の旋律の特徴ゆえに親しみやすく聴きごたえがありますが、他の楽章にも書き足りないほどの魅力が詰まった素晴らしい交響曲です。

そんな大曲を、新しい体制のもとで皆様にご披露できるように、これからも引き続き、楽しく、真面目に練習に取り組んでまいりたいと思います。